トップ

法律を学ぶ意義は

法律の制定と学ぶ事の意義

法律を学ぶ意義について

法律は、私たちの社会を縛っている存在です。そして、建前としては私たちが選んだ代表が決定している以上、自分たちが決めたルールであるとみることができます。しかし、建前はそうでも実際はそのことを意識している人はあまりいません。そのため、ルールを犯しても知らなかったという人が多いのです。しかし、それは通用しません。そのため、法律を学ぶ意義は、自分たちが決めたことになっているルールを確認して、それに反しないようにしたり、困ったときに対処できるようにしたりすることにあります。そして、それでは足りない知識を補うのが、弁護士などのプロの存在です。

法を制定することの意義

昔から多くの場合、権力者は法律で市民の自由を縛ってきました。そのため、市民はなるべくは、自由のために道徳的なことまで制定ないようにしようにしてきました。なぜならば、一度定めると、誰もが服従し、守らねばならないものとなるからです。例えば、電車内で高齢者に席を譲らなければいけないと決まった場合はそれを強制となり、守らないと違反になります。そのため、できれば、各自の良心の問題にしておきたいところです。しかし、一方で、制定することで、市民を権力者から守ることができます。それはどんなことかというと、それは、罪刑法定主義です。つまり条文があることによって、こういうことをしなければ、罰せられない、捕まらないということの明文化と意味があります。そのことが、権力者に対して法律があることの意義です。

↑PAGE TOP

© Copyright 法律の制定と学ぶ事の意義. All rights reserved.